Champian Fulton

Jazz Pianist and Vocalist

New York City Jazz Record Artist Feature by Marilyn Lester

nyc jazz artist feature champian fulton JPEG.jpg

Pianist/vocalist Champian Fulton has, in her own words, reached a milestone in her career. She’s just released a new album, The Stylings of Champian, her 10th in a dozen years. That kind of output would be remarkable for any artist, but for this 33-year-old it’s tremendous; consider that she embarked on this path at 21, playing with the same band since age 19 (bassist Hide Tanaka, drummer Fukushi Tainaka and her trumpeter father Stephen Fulton). “I really wanted to record my first record by the age of 21,” she says, “because I felt that was really a time of growth and change for me, transitioning into an adult.”

Precociousness may be, in part, the result of being born into ideal circumstances. Her father has deep roots in the jazz world in both education and performance and encouraged his progeny. As her innate talent emerged Fulton became focused on jazz. It didn’t hurt, either, to have the likes of Clark Terry close by (her father co-managed Clark Terry Jazz Camps, Workshops and Festivals and was, for a time, Director of the Clark Terry International Institute of Jazz Studies at Westmar University in Iowa). When she was ten years old, Fulton played her first paid gig: Terry’s 75th birthday party.

Champian on stage with Clark Terry, mid 1990’s.

“Clark had a huge impact on me in my formative years,” Fulton remembers. “He was never one to mince words and gave me plenty of helpful criticism, much that was beyond my comprehension at the time. He taught me a lot about stage presence, interacting with the audience on stage and off and, of course, a lot about the mechanics of music, from rhythm to breathing and even how to rehearse a band.” Terry also coached her on the business of jazz.

Talking about her band, Fulton recalls, “I first met Fuku while he was working with Lou Donaldson in 2002 and I loved his playing.” Shortly thereafter, Fulton moved to NYC. “I pestered him enough into hiring me for a gig, with Hide Tanaka on bass. We immediately felt like a band. We had similar musical sensibilities and ideas; it was easy to play together.” Fulton acknowledges that over the years each has grown and changed and that this growing and changing has been a great experience. “I think it’s a shame,” she says, “how so many people never have the same band for years, much less for more than 10 years, so you never get to really experience the changes that can happen in that relationship.”

 On stage with Fuku, Hide, and Stephen. Clifford Brown Jazz Fest 2010.

On stage with Fuku, Hide, and Stephen. Clifford Brown Jazz Fest 2010.

Fulton has been working with her father since around 2000. He plays on 7 of the 14 tracks of The Stylings of Champian. She says, “the quartet number ‘Rodeo’ [composed by her father] is one of my favorites on this release.” The tunes, which feature varying ratios of playing to singing, fulfill Fulton’s goal of featuring the band on the tunes they love to play. “I think this record is a little more adventurous, a little less reined-in and a little more exciting because of that. It’s nice to just make a record where you can be yourself without any restrictions.”

Her heroes include many musicians and pianists, but she especially resonates to the influence of Red Garland and Erroll Garner, who caught her attention very early: “I just loved their block chords and their melodicism. Their musical statement is so clear, so precise—I think that really captures the listener.” In the realm of another personal experience with a living musician, Fulton remembers frequent visits to see Cedar Walton when she moved to New York City in 2003, recalling his good advice and helpfulness. “I saw him perform on my 18th birthday, with Jimmy Cobb and Buster Williams,” she says. “That was one of the best nights of my life.” She’s amused by a story told to her by Walton’s widow, Martha, about Walton trying to sit in with Duke Ellington in vain. This matched her experience with Walton. “I wanted to sit in on Cedar’s gigs and of course he wouldn’t let me because he was the piano player!” she laughs. “Evidently Cedar thought that was really amusing. You know, we both really wanted to play and be a part of the scene. I miss him all the time.”

 Early practicing.

Early practicing.

Fulton is in the lineage of the notable singing pianists who preceded her yet she almost dropped singing to concentrate on piano. She sang as a child, but considered it just for fun. She would learn an entire record, songs and solos as a youngster. She recalls, “Clark Terry would get a big kick out of hearing me sing these songs and solos in the car or around the house.” Today, having made the decision to sing as well as play, Fulton still prefers piano—how much depending on her mood. “I’ve had gigs where I just wanted to play the piano, but never gigs where I just wanted to sing,” she declares. “I never much cared for only singing.” Her vocals are largely smooth and sophisticated. her phrasing superb and most of all, her instinct for jazz deeply part of her DNA.

 Jacksonville Jazz Festival, 2018.

Jacksonville Jazz Festival, 2018.

Interestingly, Fulton didn’t gender-identify as that mimicking child. She didn’t care if the singer was male or female. That instinct has become a philosophy. “I don’t think about the music as it relates to gender,” she emphasizes. As to the notion of women in jazz, she bristles, looking beyond past and current advocacy to populate the genre with more female players. She is proud of what she she has accomplished as a performer and leader, citing the importance of the work despite gender, a conversation she hopes will soon end. “Why can’t I be categorized as any other male musician—a pianist, a singer, a bandleader?” she states emphatically. “Why must it always be that I am categorized as a ‘female’ pianist, a ‘female’ singer, a ‘female’ bandleader? I would love to see the day when being a woman in this music isn’t something odd or unusual, it’s just normal.”

On the horizon for Fulton is more of the same, plus a solid commitment to education (she’s been involved in programs such as Litchfield Jazz Camp and Rutgers Jazz Institute) and more touring. “I am so happy with the freedom and creativity I feel in my music and I want to focus on that and focus on playing more with my band,” she says. “I just want to keep playing.” ❖

For more information, visit champian.net. Fulton is at Blue Note Dec. 9th, Birdland Theater Dec. 23rd and Mezzrow Dec. 30th. See Calendar. See Calendar.

Recommended Listening:

Champian Fulton (with David Berger and The Sultans of Swing)—Champian (Such Sweet Thunder, 2007)

Champian Fulton—Sometimes I’m Happy (Venus, 2010)

Champian Fulton—The Breeze and I (Gut String, 2011)

Champian Fulton—Change Partners (Live at The Yardbird Suite) (Cellar Live, 2014)

Champian Fulton—Christmas with Champian (s/r, 2017)

Champian Fulton/Scott Hamilton—The Things We Did Last Summer (Blau, 2017)

THE NEW YORK CITY JAZZ RECORD | DECEMBER 2018








People are LOVING "The Stylings of Champian"

“I think I’ve finally put my finger on what it is that I find so entrancing about Champian Fulton’s artistry: it’s how she manages, against all odds, to be so many things at once. Her vocal style is a unique amalgamation of the straight-ahead and the experimental, alternately declamatory and lyrical, off-beat and swinging, devoted to the song itself and determined to express her uniqueness–imagine listening simultaneously to Ella Fitzgerald and Nina Simone singing the same song, and you’ll get a general idea of what I’m talking about. There are very few singers who can make hoary standards like “I Didn’t Know What Time It Was” and “Body and Soul” entirely their own, and she is one of them. But then there’s her piano playing, which is every bit as playfully inventive and rhythmically surprising as her singing, while at the same time swinging so powerfully that it’s hard to sit still while listening. On her latest album she leads a brilliant trio that includes bassist Hide Tanaka and drummer Fukushi Tainaka, with her father Stephen on flugelhorn for several tracks as well. The program is all standards, with a focus on tunes by Oscar Peterson and Cedar Walton, and there’s not a weak track to be heard. Yet again, she delivers an essential purchase for all jazz collections.” - CD Hot List


“Pianist/vocalist Champian Fulton may be the most charming person in the world. Even a short sip of her extensive internet presence (especially YouTube, with performances and interviews) reveals an artist who radiates the joy of creation with a luminescent personality. Her music reflects that personality, and—like the sounds of of Bud Powell and Ella Fitzgerald and Louis Armstrong—it lifts the spirit high. 

And swing? Like the best of them. 

The Stylings of Champian is Fulton's tenth album—a two disc, eighty-five minute exploration of the time-tested Great American Songbook tunes and jazz standards. 

Listening to the disc's opener, the much-covered "Day By Day," it's hard to believe that, early on in her career, Fulton considered dropping the vocal side of her artistry to concentrate on her piano playing. But that didn't happen, and "Day By Day" says that's a very good thing. Supremely assured, she has developed a clean and precise articulation combined with exquisite phrasing. 

"Lollipops and Roses" is not a song you'll encounter everyday in the jazz experience. The lyrics are advice for dealing with a temperamental woman. Fulton imparts this guidance with such good humor and grace (The Champian Charm) that it could be the set's highlight. And throw in a superb and concise piano solo. 

With eighty-five minutes, there is plenty of room for instrumentals: A terrific take on Oscar Peterson's "Blues Etude," along with "Rodeo," from the pen of her father, Stephen Fulton, who sits in of flugelhorn on seven of the disc's fourteen tunes; and an ebullient rendition of Cedar Walton's "Martha's Place," and a high-energy take on "All The Things You Are," featuring Fulton cooking over a high flame with his flugelhorn. 

Another highlight: "Body and Soul," with a phantasmal and fluid bass/vocal duet from Hide Tanka and Fulton.” - Dan McClenaghan for All About Jazz


Quantity:
Add To Cart

“Her vocals are largely smooth and sophisticated. her phrasing superb and most of all, her instinct for jazz deeply part of her DNA. “ Marilyn Lester, NYC Jazz Record

“There's a lot of experience in her voice, which is flecked with Blossom Dearie's casual sophistication and hip intimacy. A bit of Billie Holiday and Betty Carter note-bending as well. “ - Mark Myers, JazzWax.com

“Fulton’s delightful piano is highlighted on “Martha’s Prise” and “Blues Etude”. Her place in any contemporary list of great vocalists is secured by her interpretations of the clever “Lollipops and Roses”, and “I Didn’t Know What Time It Was.” -Joe Bebco for the Syncopated Times

“A voice with a youthful freshness and a perfectly mastered phrasing allow her to develop with a natural line of singing with a beautiful scale. This is particularly apparent in her way of detailing with a consummate sense of interpretation and an obvious artistic maturity the melody of Darn That Dream on slow tempo. More than a welcome addition to her singing, her energetic piano playing swings with naturalness and brilliance.

Obviously, Champian Fulton  caught the best while listening to the great keyboard masters Bud Powell, Red Garland, Wynton Kelly and Erroll Garner. Her line up, Hide Tanaka (double bass), Fukushi Tainaka (drums) and Stephen Fulton (bugle), the latter on some titles, do a remarkable job.” - CouleursJazz

"The Stylings of Champian" is a treat from start-to-finish, filled with strong songs and excellent musicianship.  Champian Fulton is both a delightful pianist and an evocative, assured, singer, never just "going through the motions" to show off her "chops" but making each song her own.  This, her 10th album, is well worth exploring and enjoying!” Step Tempest

“The Stylings of Champian, a two-disc set of standards perfectly suited to her lilting voice and classic jazz sound…Cole Porter, Irving Berlin and Richard Rodgers-Lorenz Hart never sounded happier.” Suzanne Lorge, New York City Jazz Record

listen on spotify

get it on amazon

listen on apple music

get it on cdbaby

listen on pandora

チャンピアン フルトン レビュー&インタヴュー

nyc jazz artist feature champian fulton JPEG.jpg

"The Stylings of Champian"
“New York Jazz Record” Artist Feature
Champian Fulton by Marilyn Lester
日本語訳 by Hide Tanaka

ーーー「何故いつも私は女性ピアニスト、女性シンガー、女性バンドリーダーと毎回”女性”を強調されなければならないのでしょう?」ーーー
ーーー「私は自分の音楽で感じる自由さ、創造性でとても幸せです。とにかくもっと自分のバンドに集中して、それでツアーをして、常に演奏していたいのです。」ーーー チャンピアン

長いインタビュー記事ですが、特に日本の女性ジャズミュージシャンにとっては興味ある内容かと思います。
〜ヒデ

ピアニスト/ヴォーカリスト、チャンピアン フルトン本人が言うところによると、彼女のキャリアにとってこのアルバムは重要なマイルストーン(道標)となるそうです。
今回発売されたニューアルバム「The Stylings of Champian」は彼女のキャリア12年で10枚目のアルバムとなります。どんなアーティストにとっても12年で10枚とは驚くべきペースですが、33歳という年齢ではこれは凄い偉業です。

彼女は19才の時からbassist Hide Tanaka, drummer Fukushi Tainaka と彼女の父 trumpeterのStephen Fultonという固定メンバーで活躍しだしました。
そして最初のアルバムは21才の時です。
「私は最初のレコーディングは絶対に21才で、って決めていました。」彼女は言います、「なぜって、それは私にとって成長と変化の時期、”大人の女性”へと移り変わっていく年齢だったからです。」

おそらく彼女の早熟さは、ある部分理想の環境に生まれたからでもあるのでしょう。
彼女の父親はジャズの教育にも演奏にも優れ、それによって娘を鼓舞し続けたのでした。
彼女の持ち前の音楽的才能が開花すると共に、彼女はジャズに焦点を合わせるようになっていきました。
またクラーク テリーのような人物が常に近くにいたということも、素晴らし事に違いありません。(彼女の父はClark TerryのJazz Campを共同で管理し、ワークショップ、フェスティバル、時にはClark Terry International Institute of Jazz Studies at Westmar University in Iowaの監修もやっていました。)
チャンピアンのプロとして初めてのギグは10才の時、クラーク テリーのバースデー パーティーでした。

「クラークは私の形成期にとってとても大きな影響を与えてくれました。」チャンピアンは思い出します。「彼は決して遠回しな言い方はせず、いつもストレートでためになる批評を私に与えてくれました。でもほとんどはその頃の私の理解を超えたものでしたけど。」
「クラークは色々な事、ステージでどうやって存在感を出すか、ステージの上でも、下でもどうやってお客さん達とふれ合うか、もちろん音楽の技術面、リズムの事から呼吸の仕方、それに加えて、どういうやり方でバンドリハーサルをするか、などたくさんの事を教えてくれました。しかもそのうえ、ジャズのビジネス面の指導もしてくれました。」

彼女のバンドについての思い。
「最初にフクとあったのは2002年、彼がルー ドナルドソンのバンドで演奏していた時で、私はすぐに彼の演奏に惚れてしまいました。」

その最初の出会いのすぐ後チャンピアンはニューヨークに出てきます。
「私は本当にフクと一緒に演奏したくて、しつこく彼にまとわりついていました。その時のベーシストはヒデ タナカです。そして私達はすぐにバンドとして意気投合しました。私達は同じような音楽的感受性と考えを持っていたので、一緒に演奏するという事がとても楽しかったのです。」

IMG_8269.jpg

彼女はメンバーみんなで長年かけて成長し、変わって行くという「成長と変化」がとても素晴らしい経験であったと認めています。
彼女はこう語ります、
「私は残念に思う事があるのです、それはほとんどの人達は気の合うメンバーと何年も共に演奏し続ける事はあまり無いということです。しかもそれが10年以上も続くなんてなかなかありえません。しかしそれでは本当に音楽的にも人間的にも合う人達と、お互い変化しながら成長して行けるような経験ができません。」

チャンピアンは2000年あたりから父親と演奏しています。彼はこの「The Stylings of Champian」14曲中の7曲に参加しています。
「父がカルテットのために作曲したRodeoは今回のレコーディングの中でも気に入った曲のひとつです。」
チャンピアンにとって演奏と歌のバランスは大切なので、この曲のようにバンドをフューチャーした、メンバーが気に入っているインストルメンタルの曲を演奏する事も彼女の大切な目標です。
「このレコーディングでは少し自由に冒険できたおかげで、いつもよりエキサイティングな仕上がりになっています。何の束縛も無く自由に自分自身を表現出来るレコーディングは素晴らしいです。」

彼女のお気に入りのミュージシャン、ピアニスト逹はたくさんいます。
しかしその中でもまず若い時の彼女に多くの影響を与えたのはRed GarlandとErroll Garnerでした。
「私は彼らのブロックコードとメロディーの歌い方を愛しています。彼らの音楽的表現はとてもハッキリしていて、とても正確です。そんなところが多くの人々を惹きつけるのだと思います。」

まだその頃生きていたミュージシャンとの思い出もあります。
彼女がニューヨークに住み始めた2003年、彼女はよくCedar Waltonを聴きに行って、彼からとても助けになるアドバイスを受けていました。
「私は18歳の誕生日の時CedarがJimmy CobbとBuster Williamsとで演奏しているのを見ました。私の人生で最高の夜でした。」

チャンピアンはとても興味深い話をCedarの未亡人Marthaから聞いた事があります。
それはCedarがDuke Ellingtonと是非一緒に演奏したかったのだけどできなかった、という話。
それについてチャンピアンも同じような自分の経験を思い出します。
「私はとてもCedarのバンドにシットインしてみたかったの。でもさせてくれなかった、だって彼のバンドのリーダーが彼自身、ピアニストだったから!(笑)
でもCedarはそんな私を本当に面白がっていました。二人とも演奏する事が好きで、いつも活動していたかったから、、、彼の事はいつも思い出しています。」

今や彼女は注目すべき「歌手兼ピアニスト」逹の系列を継ぐミュージシャンですが、過去にはピアノに集中するため、歌をあきらめかけた事がありました。

彼女は子供の頃から歌っていました。それはただ楽しかったからです。
子供の頃の彼女は一枚のレコードの全てから、その歌やソロを覚えました。
「Clarkは車の中や家で、私が歌う歌や、楽器のソロを歌う私をとても面白がって聴いていました。」

現在彼女はピア二ストと共に歌手であるという決意をしていますが、メインはやはりピアニストという気持ちだそうです。
その時の気分にも左右されるそうですが、
「私はピアニストとしてだけのギグはするけれど、歌手だけとしてのギグはしたくありません。歌だけでいこう、って思った事は決してありません。」

彼女の声はとてもスムーズで洗練されていて節回しも素晴らしい。とにかく彼女のジャズに対する直感は彼女のDNAに深く埋め込まれています。

おもしろい事に彼女は歌手のモノマネをしていた子供の時から、その歌手が男であるか女であるかを気にした事はありませんでした。
その直感は彼女の哲学になりました。
「私は音楽に性別は関係無いと思います。」
彼女はそれを強調します。
「ジャズ世界の女性についての考え方ですが、過去そして現在を見渡して”女”を特別に強調する風潮が私はとても嫌いです。」

彼女はパフォーマーとして、またリーダーとして今までにやってきた事に対してプライドを持っています。
「男、女、関係無くどういう仕事をしてきたかが一番大切な事です。
何故私も普通の男のミュージシャンのように単にピアニスト、歌手、バンドリーダーとして紹介されないのでしょうか?
何故いつも私は女性ピアニスト、女性シンガー、女性バンドリーダーと毎回”女性”を強調されなければならないのでしょう?
いつの日にかこの音楽の世界で女性が何か変わった不自然な存在で無く、当たり前になっている、そして、いちいちこんな話をしなければならない日が早く終わるようにと思っています。」

「将来も今のように続けていきたいと共に、教育に対しても関わっていくつもりです。(彼女はLitchfield Jazz Camp and Rutgers Jazz Instituteに関わっています。)
私は自分の音楽で感じる自由さ、創造性でとても幸せです。
とにかくもっと自分のバンドに集中して、それでツアーをして、常に演奏していたいのです。」

チャンピアン フルトン レビュー ⑴ CD ホット リスト 日本語訳

「チャンピアン フルトン レビューズ」
日本語訳 Translated by Hide Tanaka
Review from CD Hot List
私はやっとチャンピアン フルトンの魅惑的表現力の理由を的確に理解する事ができたと思っています。
それは彼女は、どうやってたくさんの困難な音楽的課題をいっぺんに全てできてしまうのか、その多彩、そして相反する表現力、という事です。

彼女の歌は正統派ボーカル スタイルでありながら実験的であり、感情的な歌い方と叙情的な歌い方が常に交差し、ゆったりとしたバックビートを強調しながら、ハードにスウィングする、という相反するものを同時進行させるユニークな才能です。
それは彼女が愛する「曲」そのものに献身的に感情を入り込ませながらも、自らのユニークさを表現していくという決意にあります。
エラ フィッツジェラルドとニーナ シモンが唄う同じ曲を、同時に聴いているところを想像してみて下さい。そうすれば私の言わんとしている事を理解できると思います。

“I Didn’t Know What Time It Was” そして“Body and Soul” のような、もう歌い尽くされている曲を、全くオリジナルな自分の表現方法で歌える歌手は非常に少ない。しかし彼女はそれができる数少ない歌手の1人です。

しかもそれだけでは無く、彼女のピアノは常に遊び心と創造性に満ち溢れ、彼女の歌と同じように驚くほどのリズム感なので、じっと座って聴いている事は困難です。

この彼女の最新アルバムではベーシストHide Tanaka とドラマー Fukushi Tainaka という優秀なトリオを率い、ゲストには彼女の父 Stephenがフリューゲル ホーンで数曲参加しています。

曲目は全てスタンダード、Oscar PetersonとCedar Waltonの曲目も含まれています。
月並みな演奏は一曲として無い、ジャズファンには必須のアルバムです。


チャンピアン フルトン レビュー ⑵
ジャズ ワックス Review from JazzWax https://www.jazzwax.com
日本語訳 (抜粋) Translated by Hide Tanaka
これはピアニスト、シンガーのチャンピアン フルトンの10枚目のアルバム。
このアルバムは彼女のコケットリー(可愛くセクシー)感満載のジャズ スタンダード曲集である。
経験豊かな彼女の歌声はブロッサム ディアリーの洗練さ、親密感が散りばめられ、声をスライドさせる唱法はビリー ホリデイ、ベティー カーターをも思い起こされる。

私は彼女の名前に好奇心をそそられ、”Champian”ってどういう発音なの?ときいてみた。
「Championと同じ発音、私の本名よ。私の両親は私が生まれて来る前は男の子が生まれて来るものだとばかり思っていて、もうChampionという名前を決めていたの。彼らの小さな『チャンプ』ってね。で、実際生まれてきたのは女の子。でももう彼らはその名前をとても愛していたので、Championのoをaに変えただけで結局その名前を付けちゃったわけ。私はあだ名は無いの。女の子なわけだから誰も私の事『チャンプ』なんて呼ばなかったわ。そう、チャンピアンよ、それが正式の発音。」

聴いていただければ分かると思いますが、彼女は素晴らしいピアニストでもあります。


チャンピアン フルトン レビュー ⑷
By Joe Bebco "The Syncopated Times" 
https://syncopatedtimes.com/stylings-of-champian/

日本語訳(抜粋)Translated by Hide Tanaka
チャンピアン フルトンの若さで、これが10枚目になるアルバムとは驚くべき事です。しかも二枚組CD。
このカルテットはニューヨークでいつも演奏しているメンバーなので、息の合った演奏となっています。

チャンピアンはオクラホマの恵まれた音楽的家族で育ち、10才からプロとして活躍しだしました。
彼女はクラーク テリーに直接指導を受け、ニューヨークに出てきた後も直ぐにニューヨーク ジャズ シーンにとけ込み、2000年代中頃にはBirdlandに2年間レギュラー出演していました。

「The Stylings of Champian」は14曲の深く掘り下げ、探られた85分からなる音楽です。彼女の技術のしっかりとしたボーカルがフューチャーされると共に、彼女の好きなピアニスト、Oscar PetersonやCedar Waltonの曲もフューチャーされています。
二枚組85分の長さだけあって、まるで見事に録音されたライブ演奏のような感じを与えられます。
特に私はドラムとベースのインタープレイが素晴らしいと思い、またある時点でのベーシストの驚くような弓の使い方に注意を引きつけられました。

正統派ジャズの「心」に敬意を払った、とても洒落たプロフェッショナルなアルバムです。
“Martha’s Prise” と “Blues Etude”ではチャンピアンの気分最高のピアノが際立ち、
“Lollipops and Roses” と “I Didn’t Know What Time It Was”の解釈ではどの「現代の素晴らしいボーカリスト リスト」の中にも加えられる事疑い無しです。


チャンピアン フルトン レビュー ⑸

COULEURSJAZZ 26 NOVEMBRE 2018  PAR  ALAIN TOMAS

https://couleursjazz.fr/champian-fulton-the-stylings-of-champian/?lang=fr

フランスのジャズ ブログより

jazz en touraine.jpg

日本語訳(抜粋)Translated by Hide Tanaka

ダウンビートマガジン、2013、2014 "Rising Star of Vocal Jazz"(新人賞受賞)

ホットハウス マガジン、2017   “Female Voice of the Year"「今年の女性歌手」に選ばれる。

最新アルバム“The Stylings of Champian”はそんな彼女の勢いを示すアルバムです。

Dinah Washington、Sarah Vaughan、Billie Holidayなどにインスピレーションを受けながらも、今やチャンピアン フルトンはユニークで独自の個性を持った歌手となっています。

新鮮な若々しさと完全にマスターされたフレージングが、曲の美しい旋律、自然な歌い方を可能にしています。

特にスロー、"Darn That Dream"のその細いかところまで徹底的にされた解釈は芸術的に円熟しているのが明白です。

その彼女の歌声もさる事ながら、Bud Powell, Red Garland, Wynton Kelly, Erroll Garnerなどの偉大なピアニ達から影響を受けた、彼女の自然体でエネルギッシュに輝くスィンギーなピアノも聴きものとなっています。


チャンピアン フルトン レビュー ⑶

All about Jazz by DAN MCCLENAGHAN  October 30, 2018

https://www.allaboutjazz.com/the-stylings-of-champian-champian-fulton-champian-records-review-by-dan-mcclenaghan.php?width=414

日本語訳(抜粋)Translated by Hide Tanaka

ピアニスト、ボーカリストのチャンピアン フルトンはきっと世界で最もチャーミングな人柄かもしれません。

YouTubeなどにたくさん載ってる彼女のパフォーマンスやインタビューをちょっと見ただけでも、創造の歓びに輝いているアーティストだというのが分かります。

彼女の音楽はまるでBud Powell、Ella Fitzgerald、Louis Armstronらがそうであったようにあなたの魂を飛翔させ、そのスウィング感は最高です。

最初の曲、たくさんの人が歌っている"Day By Day"。

この曲を聴いただけで、彼女が最初の頃は歌はあきらめて、ピアノだけに専念していた時期もあった、という事が信じられません。

"Day By Day" を聴いていただくと分かりますが、彼女が歌は歌わない、という決心を取りやめた事はとても良い事でした。

彼女は完全に確信をもって、クリーン、正確、明瞭さと繊細で品の良いボーカル スタイルを確立しました。

"Lollipops and Roses" は普段はあまりJazzシーンでは聴かれない曲です。

歌詞は気まぐれな女性と付き合う時のアドバイス。

フルトンはユーモアとともにそれを説明し、簡潔なピアノソロもとっています。

この曲はチャンピアンの魅力である「気品」に溢れ、このアルバムのハイライトをなすものです。

楽器演奏だけの曲もたくさんの入っています。

Oscar Peterson作曲 "Blues Etude"は「恐ろしい」ほどです。

"Rodeo" は彼女の父(フリューゲル ホーン)、Stephen Fulton作曲。

"All The Things You Are"ではStephenの火の出るようなフリューゲルが聴けます。

Cedar Walton作曲"Martha's Place," も情熱的な演奏です。

そしてもう一つのハイライトは"Body and Soul"。

これは幻想的で流れるようなHide Tanka のベースとチャンピアンのボイスのみのデュオです。


チャンピアン フルトン レビュー ⑺
"The Stylings of Champian"
Step Tempest https://steptempest.blogspot.com/…/attractive-opposites.html
日本語訳 by Hide Tanaka
ーーーEven when there's swinging with a purpose, the focus is on playing together and making older songs sound fresh、、、ーーー
ーーー「たとえスウィングする事が第一条件である時ですら、一緒にクリエイトする事に集中し、古い曲を新鮮な曲に変えている。」ーーー

ピアニスト、ボーカリスト、チャンピアン フルトン新作、2枚組自主制作盤アルバムのジャケットを一目見るとまた夏がやって来た。

このスタンダードと素晴らしいジャズ曲を散りばめた快活なアルバムを聴くと、頭が揺れ、足はリズムをとり、もうあなたは浜辺でご機嫌。

彼女は"New York Band"のリズムセクション、bassist Hide Tanakaとdrummer Fukushi Tainakaに囲まれ、またお父さんStephen Fultonが全ての曲では無いが、何曲もフリューゲル ホーンで渋い音を聴かせてくれる。
お父さんがどうやって"I Only Have Eyes For You"でスウィングしているのかを聴けば、娘のチャンピアンがどうやってスウィングを学んだか容易に分かる。
彼女が10才の時の初仕事はお父さんのおかげで彼の友達、クラーク テリー75才の誕生日パーティーだった。

彼女はピアノだけで無く、とても明るい独特の声の持ち主だ。
ボーカルとベースだけのデュオ"Body and Soul"を聴いてみよう。
彼女は歌詞の中をサックスのように動き回り、そしてサックスのようにメロディーを演出する。
その彼女の声と、豊かな音色のTanakaが絡み語り合う。
しかもこの曲は3:14と簡潔に収められ、それが最高の出来ばえとなっている。

全曲全てを通してミュージシャン達はお互い同士の親密感を創造している。
たとえスウィングする事が第一条件である時ですら、一緒にクリエイトする事に集中し、古い曲を新鮮な音に変えている。
またあまり一般には知られていないCedar Walton作曲の"Martha's Prize" はとても魅力的な冒険となっている。

Irving Berlin作曲の "It's a Lovely Day"では偉大なるダンサー、そして素晴らしいポピュラーソングの歌い手、Fred Astaireの響が聴こえてくるようだ。
お父さんのフリューゲル ホーンが、娘のイタズラっぽく心地良く遊び回る音の中を優雅に踊る。

Rodgers and Hart作曲の"I Didn't Know What Time It Was"では踊るドラムと、とてもメロディックなベースに支えられている。
チャンピアンがソロに入ると3人のミュージャン達は1つになる。

"Lonesome and Sorry"(first recorded in 1926 by Jean Goldkette's Orchestra as well as Ruth Etting) での彼女の解釈は1962年のNat "King" Coleに近く、楽しくスィングする。

アルバム最後の曲はカルテットでの演奏で"All the Things You Are"。
まず下方でエネルギッシュに踊りまくるリズムセクションに乗り、出だしからハイパワーのフリューゲル ホーンのソロが炸裂する。
ベーシストがチャンピアンに踊りの手を差し伸べる前に、彼女はその踊り方をよく理解し、すでに跳ね回っている。
この曲はドラマーTainakaもフューチャーして、父、娘でドラムとのフォーバース、そしてエンディングはイントロを思い浮かべる感じのコーダ終わる。

"The Stylings of Champian" は最初から最後まで力強い演奏と、素晴らしいミュージシャンのインタープレイに満ち溢れたアルバムだ。
チャンピアン フルトンは歓びに満ち溢れたピアニストであり、想像を刺激する、自信に溢れた歌手である。
決して勢いに任せ自分のテクニックを見せびらかすような演奏はしない。しかし全ての曲を自分の一部にしてしまう。
この彼女の10枚目のアルバムは、その彼女の魅力を探り楽しむ価値あるアルバムである!

Read Champian's Cover Story in Syncopated TImes: A Fresh Breath of Swing

front page of syncopated times.JPG

“I always had a clear idea of what I wanted my music to be about. Of course, I’m well into swing and the swinging feeling. I wanted to be the most swinging person. I have not yet achieved that but it’s still up there. And in sort of an odd way, I wanted to be super melodious and super swinging like Clark (Terry). I wanted to be a bebopper. I wanted to combine those two things and go from there, both vocally and musically,” she says. “


https://syncopatedtimes.com/champian-fulton-a-fresh-breath-of-swing/

My New Album "the stylings of champian" Out October 26!

In 2006 I released my first album and this year I will release my 10th. “The Stylings of Champian” is a TWO DISC SET featuring my current band, Hide Tanaka on bass, Fukushi Tainaka on drums and Stephen Fulton on flugelhorn. Recorded one afternoon in May at my favorite studio Systems Two, these 85 minutes of music represent the joy and delight I have found in sharing my music with audiences around the world.

Pre-Order your copy now and it will ship on October 6; Pre Saves (Spotify etc) on October 12, OFFICIAL RELEASE DATE October 26.

To help me celebrate this milestone, tune in to https://www.concertwindow.com/champianfulton  on Saturday October 13 at 8 PM Eastern Time (local NYC time) for a LIVE streaming concert!

"Sisterhood of Swing" was a massive success!

Champian was featured in Bria Skonberg's new project, "Sisterhood of Swing", an all female big band, which performed for the opening night of Lincoln Center's "Midsummer Night Swing". Check out this review in the New York Music Daily: 

"At the risk of getting into serious trouble saying this, there hasn’t been such a stunning display of jazz talent on any New York stage this year as there was last night at the kickoff of Lincoln Center’s annual Midsummer Night Swing festival. The inspiration for the mighty big band, the Sisterhood of Swing, was the International Sweethearts of Rhythm, the first integrated, all-female swing group, who debuted eighty-one years ago. As bandleader, trumpeter and singer Bria Skonberg took care to remind the audience who packed Damrosch Park, those women risked their lives playing music together.

At the piano, Champian Fulton delivered purist, masterfully spacious, blues-drenched lines that fit the material perfectly, especially when the band threw her what could have been the night’s longest solo. In her first turn on the mic, she projected with a surprisingly steely intensity, then a second time around worked knowingly triumphant, bluesy, Dinah Washington-inspired melismas. "

https://newyorkmusicdaily.wordpress.com/2018/06/27/sisterhood/